ホーム 技術フォロー OLED WINSTAR OLEDモジュールSSD1311 IC内蔵フォントライブラリの概要

WINSTAR OLEDモジュールSSD1311 IC内蔵フォントライブラリの概要

お客様が Winstar OLED モジュールをテキストレイアウトに使用する場合、コンパイル用のフォントライブラリを利用する必要です。 顧客のニーズを満たすために、内蔵フォント ライブラリを備えた IC を提供して、顧客が表示画像を書き込む際に、IC の内部フォント ライブラリを直接使用して、表示画像のコンパイルを迅速に完了できますし、OLED モジュールを製品に統合するのに必要な時間を短縮します。

COG (Chip-on-Glass) 構造の OLED モジュールの場合、フォント内蔵の SSD1311 ドライバー IC の使用を選択できます。文字表示効果を図 1 に示します。SSD1311 IC を搭載したモジュールは最大 4 行のテキスト表示をサポートできて、各行は最大 20 文字を表示します。各文字は 5x8 ピクセル マトリックスで構成されます。図 2(a)、2(b)、および 2(c) に示すように、内蔵 ROM 標準フォント ライブラリには、ASCII、英語、ヨーロッパ文字、及び日本語の文字セットが含まれております。

[図1] COGモジュール用SSD1311のフォント表示効果

[図1] COGモジュール用SSD1311のフォント表示効果

ROM A

[図2 (a)] SSD1311内蔵フォントライブラリ表

[図2 (a)] SSD1311内蔵フォントライブラリ表

ROM B

[図2 (b)] SSD1311内蔵フォントライブラリ表

[図2 (b)] SSD1311内蔵フォントライブラリ表

ROM C

[図2 (c)] SSD1311内蔵フォントライブラリ表

[図2 (c)] SSD1311内蔵フォントライブラリ表

Winstar はCOG 構造にキャラクタ IC を内蔵した OLED モジュールを提供して、顧客がディスプレイ画像のコンパイルを迅速に完了できるように支援します。 これにより、OLED モジュールを製品に統合するための開発期間が最終的に短縮され、シームレスな統合のビジョンが実現します。

製品カテゴリ一覧へ戻る
go top
close