ホーム 製品 スマート ディスプレイ CAN スマート ディスプレイ
CAN ディスプレイ, CAN 通信 モジュール, CAN モジュール

CAN ディスプレイ, CAN 通信 モジュール

Winstarは革新的な新製品“Winstar Smart Display Can シリーズ”をリリース致しました。 それはすぐに使えるCanOpenの開発経験を提供し、開発費の削減と開発期間の短縮を実現できます。 顧客のプロジェクトを迅速に実行できるように、CanTFTは標準のUI オブジェクトを備えております。カスタムUI オブジェクトの支援が必要な場合、 PNG/JPG フォーマットで内容を提供いただき、Winstarエンジニアは数日間に新しいUI オブジェクトを送付致します。

Smart ディスプレイは標準品のLCD/TFTモジュールでCanインターフェイスを通じて、100フィートの伝送距離が可能、差動通信路のためコモン・モードノイズに強い、安定性が高いです。

使用者のニーズに応えるため、Winstarは様々なセミカスタムの組み合わせを提供致します。 CanTFTシリーズは8 ~ 12 種類の組み合わせに対応しております。例えば、自動車、船舶、発電、石油とガスといった広温・厳しい環境中で使用できる仕様、或いは広視野角IPS TFT ディスプレイに対応する仕様を提供致します。

CAN Bus インターフェースを選択する理由

CAN とは、「Controller Area Network」の略で、1980年代にドイツのBosch社が開発した通信プロトコルで、自動車の高性能化によって増える電子制御ユニットへ対応することを前提に開発された技術です。CAN バスの使用によって、簡単なシリアルインターフェイスを通じて、全体の制御システムを接続し、コントロールすることが可能です。

CANopen は、CAN(Controller Area Network)べースの上位層、組み込みシステム用の通信プロトコルおよびデバイスプロファイル仕様です。CANopen技術は自動車、工場の自動化、エレベーター 、エスカレーター、船舶/航空、産業機械、医療機器などの様々な分野で採用されております。Winstar Smart Display CanTFT シリーズはオブジェクトディクショナリを内蔵しております。

Smart Display CanTFT シリーズの使用によって、製品開発期間の短縮化を実現

Winstar Smart Display CanTFT シリーズ 製品を採用するメリットがあり、下記は Winstar Smart Display CanTFT シリーズ の使用によって違いを比較しております。

Smart Display CanTFTを使用しない場合:

  • ハードウエアのインターフェースは使用者が自分でコーディングを設計しなければならないこと。
  • 高度なコーディングスキルが必要。
  • 開発期間長い。

Smart Display CanTFTを使用する場合 :

  • ハードウエアのインターフェースのコーディングを協力すること。
  • ご利用は簡単になり、迅速にHMI をアプリケイションへ統合できること。
  • 使用者は制御命令を指示することだけ。
  • Winstar GUI Builderでコードを1行も記述せずにUI設計は実現できます (GUIビルダーの紹介へのリンク)

購入前に無償に体験してみませんか。 Winstar GUI Builderアプリケーションをダウンロードしたいお方は気楽にお問い合わせください。

フィルタ結果

フィルタ結果

検索結果が見つかりません
go top
close