ホーム 技術フォロー TFT エピデミック対策に対してWinstarはディスプレイ用の抗菌ソリューションを提供する

エピデミック対策に対してWinstarはディスプレイ用の抗菌ソリューションを提供する

COVID-19ウイルスは2019年に世界的に発生して、大規模な流行は死傷者を引き起こして、日常生活及び経済活動に影響を及ぼします。感染のリスクは、液滴の接近、ウイルス性の口腔及び鼻の分泌物を運ぶ人や物体との直接または間接的な接触して、または、呼吸保護なしで、確認された患者から2メートル以内の限られたスペースに長期間滞在します。

図1

[図1]

 

周囲の生活環境において、関連する公共施設への連絡が非常に簡単です。例:チケット購入機、食品注文機、医療システム、ATM(現金自動預け払い機)、etc.(自動料金支払いシステム)です。これらの施設に誤って触れた場合、感染のリスクにさらされます。すぐに消毒を行うことはできず、大規模なパンデミックにつながる可能性があります。 今日このような先端技術環境では、3C製品がいたるところにあります。3C製品で日常的に使用すると、汗や皮膚のグリースが残り、細菌や感染症を引き起こします。

そのため、Winstar Groupはバクテリアや細菌組織を拡散する前に破壊するという解決策や、バクテリアが生き残るのが難しい一般的な環境を考え出します。感染力を弱めて、感染の可能性を効果的に抑えます。Winstarは関連製品の表面でのバクテリアや細菌の増殖を抑制することができる抗菌効果のある様々な製品オプションを積極的に開発しております。Winstarはあなたの健康と安全を守るので、関連する抗菌シリーズ製品を使用するときは安心してください。

 

抗菌原理 :

 

バクテリアや細菌が製品の表面に触れると、製品表面の銀イオンがバクテリアや細菌の細胞膜に接触します。 銀イオンは細胞膜のプロテアーゼと生化学反応を起こして、生物学的不活性化(生体不活性化)を引き起こします。2つの反応の間、銀イオンはバクテリアと細菌を迅速かつ効果的に破壊します。その後、銀イオンは死んだバクテリアや細菌から放出されて、バクテリアや細菌が除去されるまで、他の接触している生きているバクテリアや細菌に対して繰り返し生化学反応を続けます。銀イオンの効果は、効果が長続きする長期殺菌剤です。

Winstarは、長期使用後も抗菌効果を維持する関連抗菌シリーズ製品を発売します。生物学的試験の結果は、大腸菌と黄色ブドウ球菌の抑制に効果的で抗菌効果は99%以上に達して、抗菌能力は時間の経過とともに低下しないことを示しております。

図2 : 抗菌の原理

[図2 : 抗菌の原理]

 

抗菌フィルム:

 

銀イオン材料は、コーティングプロセスでPET基板上に均一に塗布されます。銀イオンコーティング層は、熱硬化処理後にPETと緊密に結合して、抗菌保護膜を形成します。図3に示す通りです。

図3 : 抗菌フィルム

図3 : 抗菌フィルム

 

抗菌ガラス:

 

これは高温イオン交換法を使用して、ガラス内の他のイオンと銀イオンを交換及び結合することによって形成されます。図4に示すように、抗菌ガラスの抗菌効果は非常に良好です。同時にその光学特性と表面の引っかき抵抗の両方が優れた性能を持っております。製品ポートフォリオの場合、設計上の考慮事項をカバーガラスと統合できます。

図4 : 菌ガラスのイオン交

[図4 : 菌ガラスのイオン交換原理]

 

抗菌製品スキーム:(図5に示すように)

  • 顧客の要求に応じて、抗菌ディスプレイ及び関連製品を使用して計画及び設計します。
  • 抗菌フィルム付きLCM / CTP / RTP製品の計画と設計します。
  • 抗菌ガラスを使用したLCM / CTP / CG製品の計画と設計します。
  • 製品環境と用途を考慮した提案を行います。

図5 : 抗菌ディスプレイ製品プラン

[図5 : 抗菌ディスプレイ製品プラン ]

 

抗菌製品の用途:

 

抗菌の問題に関しては、一般家庭用、産業用制御、医療、大量輸送システム、個人用3C製品など(図6を参照)等、Winstarチームは適切な製品ソリューションと専門的なサービスを提供できます。ユーザー及びアプリケーション環境、操作機能、特別な環境及びその他の要件を含みて、材料の選択、ヒューマンファクターの設計、高品質の光電特性、カスタム製品の組み合わせを提供します。 ソフトウェアファームウェアの設計、最適化された操作インターフェースなどは、仕様要件を満たして、革新的な抗菌最適化製品ソリューションも提供できます。Winstarはあなたとあなたの顧客の間で相互利益を達成することを望んでおります。

図6 :ディスプレイ製品の応用分野

[図6 :ディスプレイ製品の応用分野]
製品カテゴリ一覧へ戻る
go top
close